キャットフードの選び方~安全な猫ごはん・猫エサで健康を守ろう~

キャットフードの選び方~安全な猫ごはん・猫エサで健康を守ろう~

 

猫にとってどんなキャットフードが安全なのかについてまとめてみました。
安全なキャットフードを選ぶことによって、猫の健康を内側から支えることができると思います。
猫を飼っている方は、是非知ってほしい知識です。

 

猫のごはんの基本は肉食

 

 

猫というのは、虎やライオンと同じで本来肉食ですので、
猫にとって肉中心の食生活が健康的な食事となります。

 

肉となるタンパク質を多く摂取することが必要になります。

 

肉をとることは大切なのですが、市販の安いキャットフードの中には、
腐った肉や膨張剤など薬漬けの肉、
死骸の肉を使用しているものも少なくないようです。

 

大切な家族である猫の健康をつくるごはんですから、
表示などをしっかり確認してから、与えてあげてください。
「肉類」や「○○ミール」という表示のキャットフードは、避けた方がよいです)

 

猫は穀物を消化するのが苦手

 

 

また、猫は肉食動物であるが故に、小麦やトウモロコシなどの
穀物を消化する能力が極めて弱いです。

 

多くのキャットフードには、小麦やトウモロコシなどの穀物がカサ増しの目的で盛り込まれています。
これは、猫にとって消化するのに内臓が負担を負うことになるので、避けた方が良いでしょう。

 

また、穀物類はアレルギーの原因となります。
身体をよく舐める、皮膚の状態が悪い等に思い当たる場合は、
穀物が原因でアレルギーとなっている可能性があります。

 

穀物を使用していないキャットフードのことを「グレインフリー」といいます。
猫のアレルギーが気になる方は、気にした方がいいと思います。

 

添加物を使用していないものを選ぶ

 

 

 

ほとんどのキャットフードに人間の食べ物同様、添加物がたくさん盛り込まれています。
身体に害のない添加物であればまだいいのですが、良くない添加物が多いです。

 

動物実験も行われていないものも多いというから恐ろしいです。
添加物は、猫の身体の害になって栄養にはなりません、できるだけ使用していないものが好ましいです。

 

安心安全な手作りキャットフード

 

 

自分で食材を購入して手作りキャットフードをつくるのが、
一番確実なのではないかと思われる方も少なくないかと思います。

 

手作りキャットフードだと、猫にも愛情が伝わって喜んでくれるし、おいしく食べてくれると思います。
ただ、総合的な栄養を考えると、毎日完全に手作りは素人には難しいです。

 

そのため、ときどき手作りにする程度がいいと思います。

 

一匹一匹の猫に合ったフードを選ぶ

 

猫も一匹一匹違っていて、好みや体質、性格などに個性があります。

 

太りすぎの猫もいれば、痩せすぎの猫ちゃんもいます。
よく吐いてしまう猫ちゃん、グルメな猫ちゃん、長生きの猫ちゃん...

 

飼っている猫ちゃんのことを考えると、どんなキャットフードを
選ばなければいけないか分かってくると思います。

 

猫ちゃんの体質などを考慮してあげることで、
悩みが改善することがあるかもしれません。

 

猫ちゃんの味の好みなどもありますので、
おいしいかどうか猫にも聞いてみてあげるといいと思います。

 

まとめ

 

 

 

基本的に、安心して与えることのできるキャットフードの要素をまとめますと以下になります。

 

猫は肉食なので、質の良いたんぱく質を摂取できるもの
消化しやすい穀物を使っているかグレインフリーのもの
添加物が使用されていないもの

 

また、それぞれの猫ちゃんの身体や体調に合ったキャットフードを
考えて選んであげることをおすすめします。

更新履歴